東京DEMAE能登半島ウェブサイトにようこそ!

能登半島から東京に「ヒト・モノ・情報」+文化を出前します!

0000382240.jpg

HOME ≫ ●食談議2016_2017

食談議 2016_2017

0000137371.jpg

01.能登牡蠣と能登ワインを堪能する会 【終了しました】

日 時:2016年4月23日(土)18:00~20:30
会 場: のとだらぼち
中央区銀座8-4-27 プラーザ銀座ビルB1F TEL 03-5537-3078
語り部:村山社長(能登ワイン)、七海友也(穴水町)
会費:6,500円 (食事・酒・税込)
お酒/能登ワイン(Nセレクト(白)、シャルドネ)・能登の地酒
能登牡蠣が本当に美味しいのは春です。調理によって多彩な魅力を放つ牡蠣のコースを能登ワインと能登の地酒で堪能して下さい!今年創業10周年を迎える能登ワイン会社の村山社長が語り部で来店。ワイン造りへの思いを聴けば更にまた美味し。勿論ワシ(七海友也)も行きます!
みなさんにお会いできるのを楽しみにしてます。まいもん食べて飲んで、能登への思いを語らいましょう。
●お食事
前 菜 能登高農園の赤土野菜バーニャフレッダ
    自家製牡蠣ソース
造り変り  能登牡蠣オイル漬け
焼 物 殻付き 能登牡蠣グラタン
揚 物 能登牡蠣のフライ
蒸 物 能登牡蠣入り茶碗蒸し 岩海苔餡
陶板焼 能登牡蠣と春野菜の陶板焼き
    自家製味噌タレ
お食事 能登すえひろ米こしひかり
    能登牡蠣みぞれ椀 青味 柚子
    香の物

能登牡蠣と能登ワインを堪能する会 フォトギャラリー 2016.04.23

02.「旬の岩牡蠣(輪島産)と能登豚のしゃぶしゃぶを楽しむ会」【終了しました】

0000396382.jpg
能登の食材盛りだくさん!
「旬の岩牡蠣(輪島産)と能登豚のしゃぶしゃぶを楽しむ会」
その他食材:能登牛、能登鶏、能登産サザエ、西海産甘えび
日時:2016年5月28日(土)午後6時より
会場:のとだらぼち
参加者:25名
会費:6,500円(飲み放題付き)
語り部:井川友一郎(穴水町)、寺岡才冶(志賀町)
先付  トマト吸とろ オクラ 山葵
お造り 能登鮮魚の叩き 香味野菜 梅肉ソース
焼物  能登鶏と能登野菜の串焼き
煮物  能登牛 長茄子 ズッキーニ 炊き合わせ 針茗荷
揚物  西海産甘海老 海老真丈 ヤングコーン 青唐 レモン
酢物  輪島産岩牡蠣 紅葉おろし 万能ねぎ ジュレポン酢 
鍋   能登豚 豚しゃぶ 打ち野菜 胡麻酢
食事  栄螺の炊き込みご飯・鍋出汁でみそ汁
飲み物 宗玄 石川門 2本限定
[飲み放題]竹葉 能登純米・竹葉 能登上撰・初桜 能登上撰・瓶ビール・焼酎・サワー類・梅酒・ソフトドリンク

「旬の岩牡蠣(輪島産)と能登豚のしゃぶしゃぶを楽しむ会」 フォトギャラリー 2016.05.28

03.夏の海鮮と能登ワインをイタリアンで楽しもう 【終了しました】

0000389350.jpg

日 時:2016年7月8日(金)19時~21時
会 場:カチャトーレ

      東京都 板橋区常盤台3-23-7 TEL:03-3960-0800
食 材:能登の海鮮(サザエ・岩牡蠣)
      穴水町の椿油(オイルマッサージ体験もあり)
      能登ワイン
語り部:齋藤雅代(穴水町)・椿オイル生産者(予定)


能登の食材を取り扱う老舗イタリアンの「カチャトーレ」にて、
夏の夜に、能登半島の食材とワインで楽しむナイトイベントです。
能登の海鮮料理を食べながら、その食材の魅力を語り、
能登ワインとともに食を楽しみます。
また、シェフ定番人気のフリットを能登の特産として今後展開していく
椿オイルで食べる試食会も開催していく予定です。

カチャトーレ:1967年創業、48年の歴史を持つイタリアン&バーです。
ミシュランガイド2014年にも紹介される、
石川県とも縁の深い板橋区で最古のイタリアンレストランです。
趣ある店内と何度も行きたくなる旬の食材を使ったお店の料理が人気で、
遠方からの常連客も多い。

04.能登の食と流通PR  【終了しました】

0000396375.jpg
日 時:2016年7月29日(金)19時~21時
会 場:
旅をコンセプトにした表参道の複合施設「stopoverTOKYO」
食 材:能登の海鮮(サザエ・ボラ)、能登の野菜
2016年7月29日(金)19時~21時(参加者数60名)
語り部:北川博幸(渚水産)/ 鴻野志帆(加賀能登食べる通信)
参加者:60名
旅をコンセプトにした表参道の複合施設「stopoverTOKYO」で開催するIT企業の方々への能登の食と流通PRイベント
能登ネットワークの取り組み、またその中のひとつである能登で創業33年の渚水産と能登の食の魅力や野菜についてご紹介します。メインの食材として、ボラ漁と夏ボラのおいしさ、またサザエも提供して、その味を体感していただきます。また今回は、加賀能登食べる通信の編集部とともに、地域の生産者さんを
応援する取り組みのお話しをします。
(加賀能登食べる通信(食材と編集冊子を組み合わせた通販情報誌)は、東北大震災を機に立ち上がり、その後全国に広がった生産者と消費者をつなげる流通と情報発信をしています。)

05.日本海倶楽部クラフトビールと松波酒造の地酒  【終了しました】

0000309515.jpg
~能登町コラボイベント~
造るお酒は違えども、能登で“酒”を造る醸し仲間が
この度のとだらぼちで夏の限定イベントを開催!
酒それぞれのテイストに合わせた料理長渾身のお料理も必見です。
日 時 2016年8月27日(土) 午後6時より
会 場 のとだらぼち
会 費 7000円(お料理、飲み物、税込み)
定 員 限定25名様
語り部 日本海倶楽部 濱高匡
―当日のお酒とお料理―1.<樽生>奥能登伝説 2. ピルスナー 3.ヴァイツェン 4.ダークラガー 5.大江山 純米生貯蔵酒 6.大江山 蔵出し純米酒 7.大江山 能登上撰 ※大江山 能登上撰は呑み放題です。
・能登牡蠣入り揚げ餃子・ジャーマンポテト ~だらぼち風~・能登鮮魚のタルタル・ビールアイス・茹で能登豚いしり香味タレ、叩き胡瓜、トマト・小木烏賊と夏野菜の陶板焼き ~自家製烏賊肝味噌~・陶板で焼きめし 粉山椒 あら汁
 

日本海倶楽部クラフトビールと松波酒造の地酒  フォトギャラリー 2016.08.27

06.能登のひやおろしと能登牛の会 【終了しました】

0000395015.jpg
日 時:2016年9月9日(金) 午後7時より
会 場:金沢乃家 神谷町MTビル店 TEL 050-5799-6538
住 所 東京都港区虎ノ門4-3-20 神谷町MTビルB1F
会 費 6,000円(税込)当日店舗にて御支払
料 理 能登牛を使用した特別コース
酒   能登蔵元のひやおろし10種類以上
語り部 赤城畜産 平林専務(能登牛生産者)
    寺岡畜産株式会社 寺岡社長(能登牛卸業者)
    協力:特定非営利活動法人
    能登ネットワーク『東京DEMAE能登半島』
申 込 店舗に電話にてご連絡 TEL.03-5405-3080
定 員 40名様(先着順) 

能登のひやおろしと能登牛の会 フォトギャラリー 2016.09.09

07.能登の最北端にある小さな酒屋さんのお話 【終了しました】

0000409451.jpg
日 時:2016年10月20日(木)午後7時より 
会 場:花半 (東京都港区西新橋1丁目13番地5)
参加費:6,000円(飲み放題)
参加者:16名
食 材:能登の地酒と能登の幸
語り部:能登杜氏 櫻田博克さん(櫻田酒造株式会社 代表取締役)

能登の最北端にある小さな酒屋さんのお話 フォトギャラリー 2016.10.20

08.無花果・きのこ・ひやおろし~能登の秋を満喫する会~ 【終了しました】

0000410451.jpg

日 時:2016年10月29日(土) 午後6時より
会 場:のとだらぼち

会 費:7,000円
語り部:いちじく生産者2名・柴田 捷 (宝達志水町)・寺岡才治 (志賀町)
食 材:宝達山のイチジク・柳田産のキノコ各種・その他能登の秋の食材

無花果・きのこ・ひやおろし~能登の秋を満喫する会~ フォトギャラリー 2016.10.29

09.能登のまちづくりプレイヤーと語る会 【終了しました】

日 時:2016年10月30日(日) 午後6時~9時
会 場:方舟 銀座インズ店
参加者:30名
語り部:森山明能(七尾市)
食 材:能登の地酒・能登の食材(野菜・魚介・いしり)
第25回目というキリの良い開催回数となるIshikawa Drinks in Tokyoにおいて、新しい試みとしてトークタイムを設けて参加者の能登への理解を深める時間を設ける。講師は能登のまちづくりに携わるためにUターンした森山明能氏。開催店舗である方舟と事前打ち合わせをして地酒のほか能登の食材を活用したコースに設定してもらう予定。

能登のまちづくりプレイヤーと語る会 フォトギャラリー 2016.10.30

10.能登の地酒と肴を楽しむ会 【終了しました】

0000422088.jpg
日 時:2016年10月31日(月) 午後7時より
会 場:鳥旬かがり火
                東京都港区赤坂2-10-17 赤坂三星ビル2F 03-6441-0319
会 費:柚餅子は無料・オーダー分は各自支払
語り部:山本孝一(東京都)・中浦政克(輪島市)
参加者
:12名
食 材:地酒・柚餅子・その他
話 題:能登の風土を語りながら柚餅子を肴に能登の酒を楽しみます。

能登の地酒と肴を楽しむ会 フォトギャラリー 2016.10.31

11.能登の魚を愉しむ会 【終了しました】

日 時:2016年11月8日(火)午後7時より
会 場:とり藤
                東京都品川区中延5-7-10 富士マーケット2F 03-3784-2448
会 費:5,000円追加オーダー支払いは各自
語り部:選定中・中浦政克(輪島市)
食 材:能登ふぐなど魚・柚餅子・その他
話 題:能登の魚が美味しくなる季節に旬の味をテーマに楽しみます。

能登の魚を愉しむ会 フォトギャラリー 2016.11.08

12.柚餅子をつまみに能登ヌーボーを愉しむ会 【終了しました】

0000135430.jpg
日時:2016年11月11日(金)午後6時より9時まで
会場:加賀百万石物語 江戸本店
    東京都中央区 銀座2丁目2-18 03-6228-7177
会 費:柚餅子は無料・地酒は試飲スタイル
語り部堂坂宏枝・中浦政克(輪島市)
食 材:能登ワインヌーボー・柚餅子
話 題能登ワインの新酒で柚餅子のおつまみを愉しみながらワインと柚餅子のできるまでを語ります。

柚餅子をつまみに能登ヌーボーを愉しむ会  フォトギャラリー 2016.11.11

13.地域インターンが、能登への入り口となる 【終了しました】

日 時:2016年11月13日(日) 午後6時~9時
会場:アクアミーティングスペース渋谷
語り部:森山明能(七尾市)
参加者:16名
食 材:能登の地酒/海鮮おつまみ/干しホタルイカなど/練り製品など
現在、国として、石川県として、地域へ入り込むインターンシップの重要性が騒がれています。
ですが能登では、先駆けて5年前から様々なプロジェクトが実施されてきました。これまでの参加者は110名近く。しかも、全国各地の大学から若者が能登でのプロジェクトに参加しにやってきているのです。
その中から7名のUIターン者も出てきており、この流れを加速させるために「食」という視点でアプローチしていきたいと考えています。
全国からやってくる大学生インターンたちの心を引きつけてきた魅力の1つが、能登の食材/お酒です。
本イベントでは、東京の大学生たちに対して、能登の食文化の魅力を伝える機会を作ります。食体験という意味も込め、そこで、地酒とおつまみを振る舞います。提案者もコーディネーター、司会として参加予定。
 

地域インターンが、能登への入り口となる フォトギャラリー 2016.11.13

14.柚餅子をイタリアンで愉しむ会 【終了しました】

0000424818.jpg
日 時:2016年11月22日(火)午後7時より
会 場:イタリア料理Y
     東京都品川区小山5-18-17 03-3786-5005
会 費:3,000円 スタンディングスタイル・ドリンク付き
語り部:福留奈美・中浦政克(輪島市)
食 材:柚餅子・能登ふぐ、その他
話 題:柚餅子がイタリアンに出会うと新しい世界が広がる。

柚餅子をイタリアンで愉しむ会 フォトギャラリー 2016.11.22

15.外から観た能登そして輪島 【終了しました】

0000412111.jpg
日 時:2016年12月10日(土) 午後6時より
会 場:鳥旬かがり火
                東京都港区赤坂2-10-17 赤坂三星ビル2F 03-6441-0319
語り部:東山哲也夫妻 (輪島市・堺市出身)・寒長 茂輪島市

外から観た能登そして輪島 フォトギャラリー 2016.12.10

16.うれし!たのし!島流し!東京編 【終了しました】

日 時:2017年1月15日(日)午後5時~午後8時
会 場:イタリアンレストラン「スクニッツォ!」
語り部:能登島観光協会青年部代表 石坂 淳氏(民宿石坂)・森山明能(七尾市)
食 材:能登島、高農園の赤土野菜、鰀目漁港の魚介類
 
石川県能登半島の真ん中に浮かぶ「能登島」で、2014年から続くプロジェクト「うれし!たのし!島流し!~都会を忘れる強制田舎暮らし~」。能登島の豊かな暮らしを次世代に繋ぐため、都会からの「流人(=旅人)」たちが、「看守(=島民)」たちとのふれあいの中で様々な「刑(=アクティビティ)」を体験するプログラムです。季節ごとに開催した12回の島流しで、のべ100名以上の流人が能登島にわたり、島の自然・食を満喫し、伝統と文化を体感してきました。
"島流しの番外編"として、たくさんの刑を受けてきた"模範囚"が看守(=島民)とコラボして、島の魅力をお届けするスペシャルイベント!能登島の食材も東京に勢ぞろい。冬の味覚や島の新鮮野菜をたらふく食べることができます!

うれし!たのし!島流し!東京編 フォトギャラリー 2017.01.15

17.寒鰤とごいたの会  【終了しました】

0000438446.jpg
日 時:2017年2月4日(土)午後6時より
会 場:のとだらぼち
会 費:7,000円(飲み放題)
語り部:上野峰喜(能登町)・七海友也穴水町
    
ごいたの会関係者
参加者:25名
能登町産の寒ブリを堪能していただきながら、
宇出津港発祥の伝統的なゲーム「ごいた」を楽しんで下さい。
 
献立【前菜】寒鰤みぞれ和え【お椀】塩鰤と根菜の粕汁、粉山椒【造り】寒鰤なめろう【焼物】寒鰤木の芽味噌焼き、あしらへ【煮物】寒鰤大根、青味、柚子【揚物】寒鰤柚子胡椒揚げ、金時芋【郷土鍋】寒鰤と能登野菜のしゃぶしゃぶ【食事】鍋出汁使用、雑炊【ドリンク】遊穂純米吟醸(限定1.8L1本)・宗玄生原酒 (限定1.8L1本)~飲み放題~日本酒3種・瓶ビール・焼酎・ソフトドリンク

寒鰤とごいたの会 フォトギャラリー 2017.02.04

18.能登の食材×奥能登ビールdeハシゴビール 【終了しました】

0000447346.jpg
日時:2017年2月11日(土)~12日(日)
15:00~24:00

都内ビアバー4店舗にてスペシャルなフードとビールをラインナップ
4店をコンプリートでプレゼント
(各店ビール3本セット×5名、ほたるいかいしる干し×10名、日本海倶楽部オリジナルコースター×30名)
◇BEER DINING THE LEGEND五反田店
 東京都品川区酉五反田5-2-8野津ビル4F TELO3-6431・9567
 FOOD 11日 能登牛コロッケ・メンチカツ 12日 能登牛焼肉
 BEER ピルスナー、ダークラガー、ヴァイツェン、奥能登伝説、柚子ピルス
◇BEER DINING THE GRIFFON渋谷店
東京都渋谷区渋谷2-22-6幸和ビルBIF TELO3-3498-0839
FOOD 11日 能登焼牡蠣、ほたるいかいしる干し 12日 能登豚しゃぶしゃぶ、ほたるいかいしる干し
BEER ピルスナー、ダークラガー、ヴァイツェン、奥能登伝説、
    ソラチエース・ラガー
◇BEE RDINING THE GRIFFON新宿店
東京都新宿区歌舞伎町1-2-1ナインティー新宿ビルB2P TELO3-6302-1810
FOOD 11日 能登牛焼肉、ほたるいかいしる干し 12日 能登海鮮ビール鍋、ほたるいかいしる干し
BEER ピルスナー、ダークラガー、ヴァイツェン、奥能登伝説、
    レモン・ピルス、アマリロ・アンバー・ヴァイツェン
◇Public House The Royal Scotsman ※要予約!
東京都新宿区神楽坂3-6-28土屋ビル1F TELO3-6280-8852
FOOD 能登フグのフィッシュ&チップス、鱒いしる干し、ふぐの子糠漬け、能登豚生ハム
BEER シムコー・ラガー、ソラチエース・ラガー、柚子ピルス、
    オレンジコリアンダー・ダークラガー

能登の食材×奥能登ビールdeハシゴビール フォトギャラリー 2017.02.11_12

19.能登の地酒を楽しむ会 【終了しました】

0000441076.jpg
日 時:2017年2月14日(火) 午後6時より9時まで
場 所:浅草もんじゃ雷門おすぎ

東京都台東区浅草1-18-3 電話 03-3841-3297
語り部:中浦政克(輪島市)・漁師町の暮らし 沖崎まり(輪島市) 
会 費:能登の地酒3種テイスティング(つまみ付き)500円
食 材:地酒・海産物・柚餅子

能登の地酒とつまみを味わいながら能登の暮らしぶりについて江戸っ子と語り合います。

能登の地酒を楽しむ会 フォトギャラリー 2017.02.14

20.漁師が教える本当においしい魚の食べ方 【終了しました】

0000140233.jpg
能登の冬の幸を能登の地酒とともに湘南の名店で!
日 時:2017年2月18日(土)午後3時~午後6時
会 場:江ノ島小屋 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-20-12
語り部:順毛弘英(鹿渡島定置船頭)、酒井光博(能登風土)
登半島七尾湾は国内屈指の好漁場。その地の漁師、順毛弘英さんの獲った抜群においしい魚を味わうイベントを開催します。34歳の若さで定置網漁の船頭を務める順毛さんはとても勉強熱心。明石浦漁協で神経締めを学び、その技術を一緒に漁に出る仲間たちと磨き上げてきました。
ベントでおいしい魚料理を提供してくれるのは、新鮮な魚介類で人気の「江ノ島小屋」。同店のオーナー、相澤さんは、順毛さんの技術にほれ込み、冬のブリはもちろん、春のマダイやアジ、夏の終わりの青物と旬の魚を数多く仕入れています。その熱愛ぶりは、同店のスタッフ全員が、順毛さんの船に乗り込み漁を手伝う5日間の研修に参加するほど。
師の“仕事”によって魚の鮮度と味わいは変わります。船上で血抜きをし、針金で背骨の上を通る神経を破壊する神経締めは、死後硬直を遅らせ、鮮度を長く保つ働きをします。また順毛さんたちが輸送に使う海水シャーベット氷は、魚を傷つけず、微生物の繁殖を抑えます。そんな丁寧な仕事を評価するからこそ、能登から遠く離れた湘南の人気店が七尾の魚を仕入れ続けているのです。
のイベントの企画・運営にあたっては、全国の農家・漁師とコミュニケーションを取りながら食材を買えるサービス「ポケットマルシェ」を運営する本間勇輝さんも協力。冬の能登が誇る食材を揃えました。
たちは普段、どこで、誰が、どのように獲り、どんな流通経路を辿った魚なのかをほとんど意識せずに魚を食べています。ぜひ、順毛さんと相澤さんの魚を巡る話を聞きながら、魚を食べてみてください。漁師の仕事を知ることによって、魚はさらにおいしくなるはずです。
当日のメニューは次のようになります(お酒飲み放題。漁獲の関係で一部変わる可能性がございます)。能登牛サーロインの炭火焼き(能登の塩で)/白子ポン酢と巻き鰤と燻製チーズ/能登鮮魚の刺身盛り合わせ/能登の野菜の一品/木村功さんの伝説の牡蠣フライ/アオリイカの一夜干し/鱈ちり鍋/まかない丼と鱈鍋のスープ/デザート
※購入後の払い戻しはできません。※料金は税込価格です。
 

21.奥能登の食材を楽しむ会  【終了しました】

0000326623.jpg
日 時:2017年3月4日(土)午後6時より
会 場:のとだらぼち
語り部:末政博司(珠洲市)、寺岡才治(志賀町)
会 費:6,000円
食 材:すえひろ舞、他未定

22.石川県の誇るブランド牛「能登牛」と能登の酒を愉しむ会  【終了しました】

0000395015.jpg
日 時:2017年3月9日(木)午後7時より
会 場:金沢乃家三田店
東京都港区芝4-1-23 三田NNビル地下1階 TEL03-5418-4186
語り部:赤城畜産 平林専務(能登牛生産者)
    寺岡畜産株式会社 寺岡社長(能登牛卸業者)
会 費:6,000円(税込)
定 員:30名様(先着順)
食 材:能登牛を使用した特別コース
能登のワインと、 地酒を合計10種以上
​申込みは、TEL 03-5418-4186  FAX 03-5443-0077

石川県の誇るブランド牛「能登牛」と能登の酒を愉しむ会 フォトギャラリー 2017.03.09

23.能登なまこと能登食材の宴 【終了しました】

0000446148.jpg

日 時:2017年3月14日(火)午後6時半~9時
会 場:銀座の金沢

      東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ6階
      予約TEL: 03-6228-7733

世界農業遺産「能登の里山里海」で漁獲された能登産なまこを首都圏の皆さまにご堪能いただき、能登へお越しいただきたいとの思いで食イベントを開催させていただきます! 

語り部:杉原 省(能登なまこ加工協同組合理事長、七尾市)
    竹内 大生(なまこ漁師 青年部長、七尾市)

このわた(なまこ腸)づくり実演(杉原 省)
能登なまこ漁について(竹内大生)

会 費:7,000円(税込・飲食代込)
​    ※当日、又は予約時にお店にてお願いします。

定 員:10名ほど ※先着順とさせていただきます。
食 材:能登産なまこ

能登なまこと能登食材の宴 フォトギャラリー 2017.03.14

24.「能登の春」をテーマにITOKO同士が語らう会 【終了しました】

0000445530.jpg
日 時:2017年3月15日(水)午後7時より
​会 場:のとだらぼち

​語り部:星野正光(輪島市)・沖崎千晶(志賀町)
食 材:能登の旬の食材
​会 費:6,000円
定 員:25名
能登の海のこと山のこと人のこと。春を迎える能登の暮らしを語ります。

「能登の春」をテーマにITOKO同士が語らう会 フォトギャラリー 2017.03.15

25.能登素材フレンチを楽しむ会 【参加者募集中】

0000449219.jpg
日 時:2017年3月23日(木)午後6時~9時 
会 場:ビストロ釜津田

東京都港区麻布十番2-14-4 エタニティー麻布十番 B1F
03-6453-7353
語り部:中浦政克(輪島市)
    堂坂宏枝(輪島市/のと素材でつくるスイーツ物語)

食 材:のと野菜・海産物・柚餅子
​会 費:実費

能登素材のフレンチ料理を味わいながら、のと素材を利用したスイーツ作りや柚餅子を話題にして楽しいアットホームな食談会を行います。